日常

なんでもない事

スノボで転んだ腰の痛みがずっと治らないので病院に行ってみたら!?

March 04. 2016

スノボで転倒し腰を痛める

それは去年の末くらいに行ったスノボだったろうか。

特にキッカーやジブ系もやってた訳ではなく、フリーランとグラトリの練習をしてた時におもっきし転倒し、受身も無しで腰から落ちたんだよね。

帰りとかちょっとしんどかったけど、いつもスノボ帰りは体が筋肉痛になってたり、転倒の衝撃で身体中がダルくなっているので特に気にしていなかった。

翌日起きてみると腰が痛すぎて動くのもしんどい。
打った衝撃は相当なものだったのだろうか。

まぁ病院行くほどでもないだろうなーって思って、湿布貼ったり風呂に浸かったりしてたら治るだろうと思ってそのままにしていた。

腰の痛いまま2ヶ月が過ぎる

月日は流れ3月に突入する。

年末にスノボで打った腰が未だに痛みを発し続けている。

1ヶ月を過ぎた頃にヤバイと思って病院に行こうと思っていたんだけど、仕事の忙しさや週末の予定の埋まり具合で全く病院に行くことができなかった。

しかし2ヶ月はさすがにマズイなと思い、重い腰を上げて土曜日の午前中にやっている整体に行くことにした。

整体とかって基本的に保険は使えないらしいのだが、そこの整体は法をかいくぐって保険が使えるとのこと。

行ってみたはいいんだけど、レントゲンもなけりゃ院長らしき人が結構適当な診断で、簡単なマッサージと電気治療で終わってしまう。
なんかやる気ないなーって感じの整体だったので2回だけ通って行くのを辞めた。

ちゃんとした整骨院でレントゲンを撮ってもらう

その後もまったく治る気配がない。

実はヘルニアになってたりするんじゃないか、とか。
骨が変な角度に曲がっててもと通りにならないんじゃないか、とか。
頭をよぎった。

さすがにそういうことばかり考えてると怖くなってきたので、会社の昼休みに行ける整骨院を探して行ってみることに。

診察の際に症状を詳しく聞かれ、レントゲンを撮る。

待合室で10分ほど待たされている時に読んだナショナルジオグラフィックは英語版で何が書いてあるか全くわからず。

そうしている間に診察室に呼ばれ、結果の説明を受ける。

レントゲン写真を見ても全く骨に異常はないとのことで、骨の並びも凄い良いらしく、ヘルニアの兆しもないらしい。

医者の説明だと、衝撃を受けて筋肉が縮んだんじゃないかって。
なので、これを治す方法は背筋や腹筋などの筋トレをしたり、風呂上りのストレッチをするのが一番だとのこと。

通院してリハビリとかするのかと思ったら、もう来なくていいって言われる始末。。。

もっと早い段階で、医者に行ってれば良かったかも。
筋トレしまくって爆弾抱えた腰とはオサラバするぜ。