日本国内

旅の始まり。日本の西側を攻めるバイク旅スタート!

July 25. 2016

旅に出る旅に出るって前にブログで書いたけど、その後何もブログ書いてなかったけど、
今日出発となります。

仕事もない生活をしているので、生活リズムが狂いまくり、前日寝たのは5時

寝不足の中朝起きて荷物をまとめる
部屋の掃除もして準備は万端だ。

バイクに荷物を積み込むが、メットイン、収納ボックスが一気にパンパンだ。
最初からこれで大丈夫か心配なところ。

地元の100円均一で買い物を済ませていざ出発!

写真 2016-07-25 12 43 19
出発前の走行距離

最初の1日は慣れた場所がいいなーてことで、いつもキャンプをしている奥多摩方面へ向かう。

バイクに乗るもの久しぶりだし、重いバックパック背負いながら走るっていう初めての経験で、少し運転が緊張する。

途中、道の駅「川口・あんぎょう」 に立ち寄る
地元の近くだけど行くのは初めて

写真 2016-07-25 13 56 31
とにかくでかい

写真 2016-07-25 13 57 12
植物がめっちゃ売っている

その後、3時間ほど走ったころ、バイクの異変に気付く。

ライトが消えているではないか。

前にバイクに乗った時に同じような現象があったが、バイクのハイ・ロースイッチを切り替えまくったり、
アナログな方法だが、叩いてたらついたような事があったので、その時と同じようにバイクといたぶった。

スイッチをカチャカチャやるとライトがつく。

そのまま数分走っていると、またライトが消えている。

これを何回も繰り返していたとき、、、バイクのエンジンが止まった!

エンジンをかけようにもセルが効かない。

てことはバッテリーが死んでいる?
昨日久しぶりに乗った時は快調だったし、バイク購入した人には新品のバッテリー積んでいると聞かされていた。
まさか、ハメられたのか。

あれ、、旅は初日でゲームオーバー?

よくありそうな話だけど、かっこ悪いから嫌!!
SNSでもかっこつけて「出発だぜ!九州まで行くぜ!」

なんて投稿してしまったもんだから、今更引き返したんじゃ格好がつかない。

とりあえずバイクをキックでかけて、なんとかガソリンスタンドに立ち寄ったけど、
オートバックスのようなバイク専門店で見てもらえと言われ門前払。

オートバイ用品が売っている2りんかんって店に行って色々と症状を訴える。

その中で見えてきた事があった。

このバイクは前のオーナーがヘッドライトをHIDというタイプに変えていた。
もともと2サイクルのバイク(自分が乗っているアドレスv100)には付けてはいけないらしい。

そういえば自分のバイクの収納ボックスに純正のが入ってた!!
もう、元に戻すっきゃない!

ってことでメンテを依頼したが、なんと作業の順番待ちが多すぎてお盆過ぎになるとのこと・・・
え、今まだ7月25日ですよ?

アホかって思いながら、店を後にした。

どうしようか迷っていたが、結論としては自分でやるしかない!!

と言っても交換の仕方が全然わからなかったので、さっそくネットで調べてみる。
さすがネット文化ともいえるだろう。
ヘッドライト交換の動画が一瞬で見つかった。

見よう見まねでなんとかやってみたが、これがうまくいったのである。

ほんと、「諦めたらそこで試合終了だよ」って言葉が身にしみた。

ふざけた2りんかんを後にして、奥多摩方面へバイクを走らす。

トラブルで時間を取られ過ぎたせいで、キャンプ場は受付終了の時間になっていた。
仕方なく誰もこなさそうな階段の下にテントを張って野宿することに。

テントの設営をしている時に、ふと階段の上を見上げると人の姿が。
どうやら信号機の点検んをしているらしい。

消防士っぽい格好していたが、よく見ると背中に警視庁の文字。
やべー、これマジでやべー。

とか思いつつも、案の定ライトで照らされて見つかる。。

せっかくテント張って食事作る準備してたのに、追い出されるのか??

不安がよぎったが、警察の方からは意外な言葉が。

「あれ、ソロキャンプですか?いいですねー!」

「そのテントはクロノスドームですよね?自分もモンベルのクロノスドーム使ってますよ。」

「どこからこられたんですかー?」

などと普通の会話をして、最後は「楽しんでください」って車に乗り込んで行ってしまった。

意外な展開でなんかホッとした。
奥多摩の警察いい奴じゃねぇか、おい。

そんな感じで初日からヒヤヒヤしたけど、無事に寝床につけそうです。

2016-07-25 19.57.56
テントはこんな感じで張った

走行距離
107Km

出費
・食費 759円
・バイクの電球 486円

合計
1245円