スケートデッキ

NEWスケートデッキ購入!!柄が全然気に入ってないけど、太さで選んだらこれになった!

スケートデッキ

冬はスケボーやらないんだけど

冬は基本スケボーをやらないけど、近々スケボーをする機会がありそうだったので久しぶりに外をプッシュしてみた。

乗った感想として、板の調子が悪い。

調子が悪いというか、板が8インチと太すぎてやや乗りずらい。

 

これは去年の夏、フェスの帰りに酔っ払いながらスケートショップに寄った際に、勢い余って購入した板だったのだ。

 

酔っ払っていたせいか普段7.6インチくらいの板を使っているはずなのに、なぜか8インチを買っていたという。

 

そのまま使っているが、やはり回転系の技が思うようにいかず、なんせオーリーすら重く感じて高く飛ばない。

元々オーリーが低い訳ではない。

きっと板が重いせいだ。

このままではスケボーしてても楽しくないなって事で、スケボーを買いに行った。

 

自分のやりたいスタイルで板を選ぼう

太めの8インチ以上

このサイズは比較的重いので、フリップ系のトリックや回す感じのトリックは少し難しくなる。

安定性が高いので、オーリーでの着地やバーチカルでのエアートリックには向いている。

 

7.75インチから7.9インチ

重くも軽くも無くバランスが取れているサイズ。

万能サイズなので、ストリートもランプやパークもいける。

 

7.5インチから7.75インチ

軽いのでフリップなどの回転系のトリックがやりやすい。

同じく軽いのでオーリーの高さもでる。

軽いということで、安定性は低くなりボディバランスをとるのが難しい。

 

パーク派は太めの板、ストリートなどフラットな場合は細めのから中位の板がいいだろう。

俺の場合は、フリースタイルスケートボードを少し練習してるということもあり、ウィールの上に立つ時に板が太すぎると安定感がなさすぎて困るので、なるべく細めの板とし、7.6インチをチョイスしている。

 

板だが、ムラサキスポーツのブランクデッキが安くて良いのだが、7.5,7.75,7,8,8くらいのサイズしか見当たらなく断念。

 

仕方なくムラサキスポーツアウトレットに行き、アウトレットデッキを物色。

なんと、7.6インチの板が2枚も見つかったが、どちらもグラフィティがダサすぎる。

ダサすぎるけど、最もダサくない方をチョイス。

スケートデッキ
それがこれだ。

 

しかし緑とオレンジってダサいなー

なんか、恥ずかしいけどこれで練習するっきゃないね。

 

 

関連記事

組み立て式BMXのENCOUNTER BM-20Eを購入したので、実際に組み立てた感じを解説してます。組み立て式BMXのENCOUNTER BM-20Eが届く注文したBMXのENCOUNTER BM-20Eは、届くのに10日ほどかか[…]