趣味

サックス

サックスを練習する場所を考えてみた結果、カラオケ屋を選択!

February 05. 2016

練習場所の問題はでかい

サックスを練習するにあたり、場所の確保はだいぶ必要な要素の一つ。

家で練習できるのが一番なんだけど、ギターなどのように小さい音で演奏できないのがサックスの悪いところ。
サイレンサーとか付ければ大丈夫なんだろうけど、サイレンサーってどのくらい効果あるんだかわからない。

苦情覚悟で家で練習するのもありだが、最悪の自体近隣住民やポリスとバトルする事になるだろう。
それは賢くない。

やはり家以外のどこかで練習する必要性があるので、どこで練習するか少し考えてみた。
結果、以下の3つに絞られた。

カラオケ

やはり、個室で防音といったらカラオケが一番だろう。
ネットで色々調べていると、楽器演奏も可能なカラオケ屋もある。

心配であれば電話して尋ねてみるのがいいようだ。
あの伝説の映画、スウィングガールズもカラオケ屋で練習していて、苦情で追い出されてしまっていたシーンがあった気がする。

コンビニまでとは言わないがカラオケ屋は街に必ず一つはあるだろう。

シダックス、ビッグエコー、カラオケ館、カラオケBanBan、カラオケ歌広場、カラオケの鉄人、まねきねこ、上げればきりがないがこれ以外にもカラオケ屋はいっぱいある。

家から近いや、仕事後に寄るような感覚で行くことができるのがとても便利。

料金も安いのが魅力的で、フリータイムなどの時間を使えるのであればとても安く済ませることができるであろう。

音楽スタジオ

個室で防音といえば音楽スタジオもそうだ。
ここで練習するということは結構本格的なイメージがある。
個人レッスンなどの料金設定も容易されていて、安くて1時間500円程度から部屋を借りれる事ができる。

スタジオって、ドアがガラス張りになっていて中が覗けるようなとこ多いけど、個人レッスンの部屋ってどうなんだろう。
一人でサックスを練習している様を覗かれるってちょっと恥ずかしいね。
しかもへたくそだったりすると尚更。

スタジオによっては飲食や喫煙が禁止だったり、いちいち外に出なくてはいけないのが面倒な部分であったり、
スタジオって駅前になかったり、交通の面でひっかかる部分がある。

施設外の外

外で練習するとしたら公園や河川敷、高架下などだろうか。

どこもそうなんだけど、人に聴かれるというリスクがある。
チャンスかもしれないけど、初心者にとってはリクスというか、恥を前面に押し出してしまっているだけだ。

公園なんか家が近くにあったり、子供や家族ずれ、老人達がいるなかで練習しなくてはならない。

かっこよく吹いているつもりでも、多分子供達に指差されて笑われるのが目に見えてる。

高架下も電車の通る音や、道路に面してる場合が多いので車の音や、ましてや通勤通学の人達にもろに見られてしまうだろうね。
これも恥をかくのが目に見えている。

河川敷が一番人と離れているように思えるけど、河川敷とかって結構静かだから音が響き渡って、結局大人数に聴かれてしまい恥をかくんだろうね。

てか、外は基本的に上手い人しか吹いちゃだめ!!

スウィングガールズの映画で河川敷で吹いてるシーンには憧れるが。

自分の中で協議した結果

カラオケ屋が一番良いという決断にいたった。

理由として

  • おそらく恥をかきづらい(間違えて部屋のドアを開けられなければ)
  • 駅前などにあるので、行くまでが楽
  • カラオケで曲を流しながら練習もできる

これだけ理由があればカラオケ屋でいいでしょ。

上手くなったら外で吹いちゃおうとも思っている。